東日本大震災メッセージ

スカウト諸君へ

2011年3月11日、わが国はとてつもない災害に見舞われました。これは、東北地方の一地域だけに留まる惨事ではなく、国全体と将来に関わることであります。
地震がやみ、津波が引いても、その復興にはとてつもない年月が掛かるものと思います。
朝霧高原で共に活動した仲間がこの渦中いると思うと胸が締め付けられます。
自然は時に我々を試すかのように過酷な試練をあたえます。
喜びも、苦しみも分かち合い、スカウトの「ちかい」をあらたにし「おきて」の実践に努めて下さい。
「今できること」「将来まで続けてできること」を近くの仲間と考えてください。
我々スカウトに何ができるかは、君たちの思いに直結しています。
君たちの思いを行動に移すことができると、今回被災した地域だけではなく、日本全体が救われると私は考えています、
君たちが思い考えていることを隊長に伝え、共に行動してください。
隊長は君たちと共に考え、良きアドバイスをしてくれます。

ボーイスカウト福岡県連盟コミッショナー
藤 田 俊 郎